期間工で労働からの脱却を目指すブログ

期間工生活1年1ヶ月で増やした資産1412493円

Kindle勉強法

Kindleを利用し始めて半年ぐらい経過するが、最近はほとんどKindleで本を読むようになった。

Kindleを使っている人には当たり前の内容かもしれないが、Kindleを使った勉強法を紹介する。

検索

まず、自分が今気になっているテーマについて考える。

例えばお金について気になっているならお金と検索する。

なんとなく内容の薄い本が多い気がするので、次に投資と検索する。

さっきよりは気になる本が多いが、もう少し本質的なことを知りたいので、資本主義と検索する。

というように検索する言葉を変えて本を絞っていく。

これを本屋でやるのは中々難しい。

説明

テーマについて絞り込めたら次はそのテーマの重要なポイントを理解する。

本をクリックすると説明の欄がある。

この説明の欄を手当たり次第読んでいく。

すると今気になっているテーマに関する重要なポイントがわかってくる。

サンプルダウンロード

重要なポイントがわかってきたら、次はそのポイントを最も詳しく解説している本を探す。

Kindleではサンプルダウンロードができる。

まえがきだけの本もあるし、一章ぐらいまで読める本もあるが、少し読めばその本が自分の求めているものかどうかわかる。

本屋でいう立ち読みみたいなものだ。

思い切って買う

Kindleは現物を手に入れられるわけではないので、後から売ることもできないし、最初は買うかどうか迷ってしまうことが多かった。

だが、検索・説明・サンプルダウンロードの過程を経て気になった本は必ず自分にとって糧になっている。

思い切って買うことが重要だ。