期間工で労働からの脱却を目指すブログ

期間工生活1年で増やした資産1330274円

投資先として仮想通貨はどうなのか

今は保有していないが、仮想通貨は購入したことがある。

ちょうど去年の今ぐらいで、価格がピークになる少し前に購入し、暴落してからしばらくして全て売った。

トータルでは少し損失を出してしまったが、価格の上下を楽しんだり、バブルを経験したり、チャートの見方を覚えたりして、今お金や投資を学んでいるきっかけになったように思う。

今後もう一度仮想通貨を買うことはあるかというと、状況が変わればある。

仮想通貨の価格の上昇には

  • 政府がルールを決める
  • 資産として認める人が増える

の2つが必要だと考えている。

政府がルールを決める

本来仮想通貨は中央集権でないところで本領を発揮すると思うのだが、皮肉にも政府のルール決め待ちになっているような気がする。

現在は仮想通貨の取引で得た利益に対する税金がわかりにくいし、ICOのルールなども決まっていない。

仮想通貨を使うこと自体にリスクがあり、これではまだ価格が上がりそうにない。

資産として認める人が増える

仮想通貨に対して難しい・怪しいと思っている人は多いだろう。

実際送金などもやってみたが、できているのか不安になったし、言葉の意味がわからないことも多い。

取引所が盗難にあったり、詐欺に使われていたりといい印象もないだろう。

わかりやすく安全という認識が広まり、仮想通貨として資産を持っておこうと考える人が増えれば自然と価格が上がるような気がする。

 

仮想通貨はこれまでにない新しいものであることは間違いない。

怪しいから、暴落したからという理由で無関心になってしまうのはもったいないと思う。

これからも情報は追っていきたい。