期間工で労働からの脱却を目指すブログ

期間工生活1年1ヶ月で増やした資産1412493円

つみたてNISAで口座開設してしまってたけど期間工ならNISAだな

口座を開設する時、よく調べずにつみたてNISAを選択してしまったが、調べてみると期間工にはNISAの方があっているなと思った。

NISAとつみたてNISAの違い

NISAとつみたてNISAの違いを簡単に書くと

NISAは

非課税期間5年、年に120万円まで投資可能、つみたて義務なし、投資対象豊富。

つみたてNISAは

非課税期間20年、年に40万円まで投資可能、つみたて義務あり、投資対象は投資信託ETFのみ。

参考:2018年、つみたてNISAがスタート! | トウシル 楽天証券の投資情報メディア

 

なぜ期間工にはNISAのほうがいいのか

期間工は一年間に使える自由なお金が多いため、投資をするなら年に40万円の枠では少ない。

期間工は20年先のことなんて考えて生きていない(考えている人もいるかも)。

20年間も少額を積み立てるような資産運用は今のところ考えられない。

iDeCoも向いていない

iDeCoはさらに向いていない。

iDeCoは原則60歳まで引き出せないし、期間工は不安定なので、転職して企業型確定拠出年金に加入することになったら手続きなどが面倒くさそう。

ただ、NISAとつみたてNISAは併用不可能なのに対し、NISAとiDeCoは併用可能なので、節税効果もあるし、もう少し調べてみようかなと思った。

NISAとつみたてNISAの切り替え

NISAとつみたてNISAの切り替えは買付けをしていなければできる。

もし買付けしていても1年に1回はできるみたい。

自分はまだ買付けしていないので、さっそく切り替えようと思っている。

来年からNISAを使って個別株デビューしようかな。そのために今は最低限の知識を蓄えたい。