期間工で労働からの脱却を目指すブログ

期間工生活1年3ヶ月で増やした資産1637119円

結婚式に数百万円使うのは理解ができない

女性から反感を買いそうだが、臆せず書いていく。

 

同僚が結婚式を挙げるらしい。予算は200万円だそう。

お金が回って、景気も良くなって、いいことだなと思ったが、自分は結婚式に200万円は使えないなとも思った。

 

5ヶ月期間工として働いてようやく50万円貯められたところだ。

200万円貯めようと思ったら、単純計算で20ヶ月かかることになる。

期間工の仕事でいうと

1日400台 × 20日 × 20ヶ月 = 160000台

車160000台分の作業をしてようやく貯められるお金だ。

それをたった1日の結婚式で使ってしまうなんて、あー恐ろしや。

 

もちろん全額自分達で負担するわけではなく、親族からの援助や友人からの祝儀などを充てにすることもできる。

でもそれはあくまでも身内のお金だ。

親族の老後資金などを将来的に負担しなければいけなくなる可能性があるし、友人が結婚した時は払う側になる。

なので結局負担する額は変わらないと考えていた方がいい。

 

そもそも結婚式の目的って何なのか。

よくわからないから検索してみた。

出てきた理由を並べてみると

  • 親孝行のため。
  • みんなに祝福してもらいたいから。
  • 人生のけじめだと思うから。
  • 世間体を考えて。
  • 2人の幸せを確かめたいから。
  • 家族同士のつながりを深めるため。
  • ウエディングドレスを着たい。
  • 人生において主役の自分を実感するため。

どれも納得できない。世間体以外は結婚式じゃなくてもできるから。

 

やっぱり結婚式に数百万円は理解できないな。

もし結婚したいぐらい大事な女性ができたとして、その女性がゼクシィを買ってきたら、別れを告げることを考えるレベル。とりあえず説得はするけど。

 

こんなことばかり言ってるからモテないのか。

いやまあモテない理由は他にたくさんあるとして、これぐらい現実的な考えのほうがいいという女性もいるはず。

実際約半数のカップルは結婚式なしを選ぶらしい。

現実的な考えの人が増えてきたのかな。

お金が無いから泣く泣く諦めている人もいるんだろうけど。

 

今日は何の得にもならないことを書いてしまった。

期間工が結婚式について語るとか自分で書いておきながら何か笑える。全然予定もないのに。

でも結婚式に200万円使うということを理解できなさ過ぎたから仕方がない。