期間工で労働からの脱却を目指すブログ

期間工生活1年で増やした資産1330274円

家計簿とブログの相性はいい

家計簿をノートやアプリなどにつけている人は多いだろう。

アプリならクレジットカードと連携できたり、グラフで表示できたりしてとても便利だ。

だが、支出や収入を記録して、そのデータから反省点を見出し、改善できるほど自分に厳しい人はそもそも家計簿なんて必要なんだろうか。

自分も家計簿をつけてみたことはあるが、収入の少なさと支出の多さにうんざりしてやめてしまった。

面倒くさい割に嬉しくなる要素が少なすぎる。

 

最近、期間工生活で増やした資産をブログで公開するようになり、支出を減らせるようになった。

自分は面倒臭がりので、支出の全てを記録するようなことはしていないが、家計簿とブログの相性もいいのではと思った。

調べてみるとやはり家計簿をテーマにしたブログはたくさんあった。

相性がいいと思った理由について書いてみる。

 

お金を使わないことを意識する

増やした資産を公開するようになってから、月々の給料をできるだけ残そうと普段の生活で意識するようになった。

おそらくこれは見栄だ。

1人で家計簿をつけているだけなら、妥協してしまうことも多いだろう。

だが、ブログに記録することで自然と誰かが見てくれていると思うようになる。

できるだけ多く給料を残すことによって、誰かに頑張ったとか凄いと思われようと努力する。

1人では中々続けられない節約も、誰かが見てくれていると思っただけで続けられるものだ。

 

節約の仕方をネタにできる

ブログに家計簿を書いているうちに、独自の節約の仕方なども生まれてくるだろう。

もしその知識に価値があれば、誰かのためになる。

ブログに書いていればその知識は資産に変わる。

あわよくばお金を増やせるかもしれない。

こういう欲が出てくるだけで家計簿や節約を継続しようと思える。

節約してさらにお金を増やせる可能性もあるのだから、ブログと家計簿は相性がいいと言えるだろう。

 

誰かに教えてもらえる

ブログに家計簿を書いているとそのうち誰かが見てくれる。

親切な人がここを改善すればもっと節約できるんじゃないかと教えてくれることがあるかもしれない。

教えてもらったことはもちろん知識として活用することができる。

さらに交流が生まれるので、一人で黙々と記録するよりはモチベーションが上がりやすい。

 

 

以上が家計簿とブログの相性がいいと思った理由だ。

ノートに家計簿を書いているような人がこのブログを見る可能性は少ないかもしれないが、もしたどり着いて参考にしてもらえるなら嬉しいので書いておいた。