期間工で労働からの脱却を目指すブログ

期間工生活1年3ヶ月で増やした資産1637119円

職場で気配を消す方法

 

2018年の締めくくりはあえてこのテーマでいこう。

 

今日Google Search Consoleで検索キーワードを見ていたら、【職場 気配を消す】というワードがあった。

Google Search ConsoleはGoogle検索で自分のサイトがどれくらい表示されたのか、どれくらいクリックされたのか、どういうワードで検索されたのかなどを知れるツールだ。

以前も書いたようにGoogle Search Consoleでワードを見るのは面白くて好き。


www.hatarakitakunai-kikankou.com

 

鬱々とした内容の記事をよく書いているから、こういう検索ワードで表示されることが多い。

見る度にみんな苦労してるんだなと思う。

明確な答えを書くことはできないが、自論を書いていこう。

 

居なくなりすぎない

職場に居づらい人は休憩中などは1人で過ごすことが多いだろう。

自分もできるだけ1人で過ごしたいほうだ。

だが、できるだけ居なくなったり、職場を抜け出してさぼったりしないほうがいいと思っている。

ほとんど全員が揃っている場所で自分だけがいないと逆に目立つ。

人は居ない人の話をする。

「あいついつもどこで飯食ってるんだろう」とか「トイレ休憩多すぎじゃない?」みたいな感じだ。

誰かに存在を思い出させてはいけない。

それならばじっと息を殺し、置物のように同じ場所に存在しているほうが逆に目立たなない。

まあ期間工の仕事はずっと作業をしているから、昼休憩の時やラインが止まっている時の話に限られるかな。

 

平均を目指す

平均的に仕事ができる人を目指す。

できなさ過ぎても、でき過ぎてもダメ。

理由はどちらも周りとの関わりが増えてしまうから。

できなさ過ぎる場合は誰かが教育するために動く。

悪口を言われることもあるかもしれない。

できるようになるまでは耐えるしかないが、時間が解決してくれることが多い。

個人的によく使っている手は、わからないことを聞きにいく人を変えることだ。

何度も同じ相手に同じことを聞くと苛立たせてしまう。

でき過ぎる場合は仕事が多く周ってきてしまう。

手を抜けばいいだけ。

でもできすぎる人は職場で気配を消したいなんて思わないだろうな。

 

会話は小声で

誰かと会話をする必要がある時は小声で話す。

会話の相手だけに聞こえるボリュームでいい。

周りの会話って仕事をしながらでも気になるものだ。

だから会話する相手以外は聞こえないほうがいい。

他の人に聞こえてしまうと話が広がってしまう危険性がある。

 

 

どうだろう、これで【職場 気配を消す】で検索した人の不安は軽減されただろうか。

無理だろうな。労働から脱却する以外方法はない。

ではこんな感じで来年も頑張ろう。