期間工で労働からの脱却を目指すブログ

期間工生活1年で増やした資産1330274円

期間工をいつまで続けるのか少しだけ真剣に考えてみた

週の後半は完全に失速。

ちょっとばてた。

何人かの方が「無理せず頑張りましょう」とか「無理せず楽しみましょう」というコメントをくれたので、その言葉通り木曜日・金曜日はたっぷり寝て休んだ。

おかげで今週も無事乗り切ることができた。

無理している感が文章に出ていたのかな(笑)

 

さて今日はいつまで期間工を続けるのかについて考えたいと思う。

 

期間工の作業自体はある程度すると慣れてくる。

その先期間工を続けるためには、先のことを考えすぎないことが重要であると思う。

期間工は辞めて無職になるとお金以外何も残らない。

スキルや知識はほとんど身に付いていないし、職歴としてもプラスにならない。

先のことを考えると不安になる。

だから自分もできるだけ先のことを考えるのは避けていた。

 

でも先のことを全く考えずに、目標なく生活するのもつらい。

労働からの脱却を目指すという目標を立ててはいるが、漠然としすぎているような気がする。

期限や目標貯金額を決める必要はあるのかな。

 

というわけで不安にならない程度に、少しだけ真剣に考えてみることにする。

 

この話をするにあたり、年齢を考慮することは不可欠だ。

10代と40代では全然違う。

残りの寿命や期間工として働ける期間に差がある。

40代の期間工は周りにはいるが、見ていてつらそうだ。

だからリミットは40歳かなと思っている。

これまで年齢は書いていなかったが、自分は29歳。

ということはあと10年。期間は最長であと10年だ。

あれ、思っていたよりすんなり決まったな。

 

目標金額はいくらだろう。

これはだいぶ前に少し考えたことがあったな。

 

www.hatarakitakunai-kikankou.com

 

ざっくりとした計算で一人暮らしなら月に15万円はかかる。

40歳から70歳までを貯金で乗り切るとしたら

15×12×30=5400万円

 

まあ40歳から70歳までの期間も全くの無収入というわけではないだろう。

月に3~4万円ぐらいなら負担なく稼げそうだ。

4×12×30=1480

 

5400-1480=3920

約4000万円必要ということになる。

 

4000万円を期間工生活10年で貯めるのは、錬金術でも使わなければ不可能だ。

やはり投資やブログ、その他新たな取り組みによって、期間工の給料以外の収入を得る方法を見つけなければいけない。

 

というわけで今後は10年以内に4000万円を貯めることを目標にしよう。

もちろん早ければ早いほうがいい。

 

当然それでいいのかという気持ちも出てくる。

貴重な30代の時間を期間工に費やしてしまっていいのか。とか

40歳から死ぬまでを1人で過ごして楽しいのか。とか

 

だが死ぬまで働くよりは全然いい。

やるぞ!やってやるぞー!

 

www.hatarakitakunai-kikankou.com