期間工で労働からの脱却を目指すブログ

期間工生活1年1ヶ月で増やした資産1412493円

3.4~3.8の株トレード記録。オリックス損切。ハウスコム買付

今週も記録しておこう。

 

まず今週はオリックスを損切した。

この銘柄は「10%上昇で利確・5%下落で損切」のルールの基購入したので、約5%下落の1578円で損切。

f:id:hatarakitakunai-kikankou:20190309101652j:plain

もう少しで配当と優待の権利を獲得できていたが、ルールだから仕方がない。

今は配当も優待もおまけだと思っている。

資金が豊富にあれば配当などを優先させることもあるかもしれないが、今はまだその時期ではない。

 

これで実現損益は-5690円に。

甘くはないな。

f:id:hatarakitakunai-kikankou:20190309102752j:plain

 

次に今週は新たにハウスコムを買付した。

f:id:hatarakitakunai-kikankou:20190309103049j:plain

ハウスコムは大東建託の賃貸仲介子会社。

なぜ不動産会社の株を購入したかというと、話は先週の外国人労働者の話に遡る。

気になるテーマとして外国人労働者をあげたが、調べてみると人材派遣会社などはすでに価格が上がっていた。

当然と言えば当然だ。

そこで少し視点を変えて、外国人が日本に働きに来るなら当然住む場所が必要だろうと考えた。

外国人の住む場所というテーマで調べていると、ハウスコムに辿り着いた。

ハウスコムは外国人が日本に来る前に住む部屋を探せる「グローバル・サポート・プラン」というサービスを行っている。

「グローバル・サポート・プラン」は住居探しのサポートだけではなく、水道・電気・家具・家電・入居後の言語サポートなども含めたパッケージプランになっている。

日本のことを何もわかっていない外国人や外国人を雇いたい法人などから需要がありそうだ。

どれくらい結果が出ているのかまでは調べきれていないが、こういう取り組みをしているという事実だけでも買ってみる価値はある。

ただ買うタイミングが悪くいきなり2.5%ぐらい下がってしまった(笑)

ほんと下手だ。

 

このハウスコムの株と現在保有しているマネーフォワードの株についてのルールを考えた。

この2つは短期的に結果が出るものではないと思っている。

だから中長期投資になるだろう。

だが下落しても持ち続けているわけにはいかない。

というわけで損切ラインは-10%。利確は基本的にはせず、2~3年は持っておく。

2~3年後というのは期間工の一回目の契約終了のタイミングだ。

その時になってどうするか考える。

それまでにやることは損切した時の買いなおしのタイミングを考えることと、買い増しのタイミングを考えることぐらい。

今後株についての勉強をしていき、どうしてもこのルールではダメだと思わない限りは変更はしないでおこう。

 

最後に保有株の現状。

f:id:hatarakitakunai-kikankou:20190309111617j:plain

マネーフォワードは一時+3万円ぐらいあったのに、ずいぶん減ったなー。

だけど目先の増減は気にしない。

 

目先の増減は考えない投資のほうが自分には合っている気がしている。

将来性のある株を探すことに時間を使う。

来週からも頑張っていこう。