期間工で労働からの脱却を目指すブログ

期間工生活9ヶ月で増やした資産799659円

苦痛な時間は必要かもしれない

仕事は本当にだるい。できることなら今すぐにでも辞めたい。
だが、仕事はだるすぎるが故にだるさを紛らわすために楽しいことを考える癖ができる。
「仕事が終わったらスーパードライからあげクン買おう」とか、「週末はマッサージ行こう」とか。


休みの日は仕事中に考えたことを思う存分楽しめる。
だが、ある程度楽しんだ後は嫌なことを考え始める。
次の出勤日のこととか。
GWも終盤は嫌な気分だった。


つまり仕事中は楽しいことを考えていて、休みの日は嫌なことを考える。
これってもしかして仕事中のほうが幸せなんじゃないか?


筋トレ、登山、サウナとか近い気がする。
それぞれ行為そのものは楽しいものではない。
重い物を持ち上げたり、坂道を登ったり、熱い空間にひたすら座ったり。
でもその先にご褒美があることを知っているから頑張れる。
ご褒美を味わっている時はあの苦しさをもう一度味わうのはちょっとキツいなってなる。


今、毎日苦痛と言える日々を過ごしている。
でも何故かそれなりに幸せだと思う時がある。
おそらく楽しい妄想をできているからだ。
「株が爆上げするかも」「貯めたお金で何か面白いことができないか」「今日のブログは誰かが面白いと思ってくれるかも」「労働しなくてもよくなったら何をしよう」


もし働かなくてもいいぐらいのお金が貯まった時、楽しいことを考えられるだろうか。
嫌なことを考え始めてしまう恐れもある。
死についてとか。
そんな時は多少苦痛な時間を過ごしてみるのがいいかもしれないな。


なんか最近将来の不安が消えた。
30手前の期間工なのに。何のスキルも身に付かないのに。
楽しい妄想が出来ている限りなんとかなるんじゃないかと思っている。


うーんいつにも増して支離滅裂。金麦飲んでるからだな(週末しかスーパードライは飲まない)。